シースリーの解約方法!

      2017/06/14

シースリー(C3)に契約した後に、何らかの事情で解約せざるを得ないこともあります。

そうなった時に、

  • シースリーではどのような流れで解約すれば良いのでしょうか?
  • 解約するのに違約金などは必要になるのでしょうか?

とても気になるところです。

そこで、今回はシースリーの解約について、ご説明します。

ぜひ、参考にしてみてください。

解約手続きの方法と手続きに必要なもの!

電話か契約店舗の窓口に連絡する!

手続きの方法ですが、まずは電話(コールセンター)、もしくは通っている近くの契約店舗の窓口でスタッフさんに解約することを伝えてください。

シースリーの店舗で解約するなら、事前に連絡を入れておいた方が手続きはスムーズになります。

その他、疑問に感じることがあれば、一緒に確認しておきましょう。

【フリーコール】
0800-888-4315

【受付時間】
12:00~21:00

【定休日】
毎週水曜日・第二火曜日

解約手続きに必要な持ち物!

解約時に持参が必要なものとして、

  • 印鑑(認印でもOK)
  • 返金した分を振り込んでもらう銀行口座
  • 支払いにクレジットカードを利用しているなら、クレジットカードの情報

が必要になります。忘れないように、用意しておいてください。

後は必要書類に記入し、サイン(捺印)したら、返金処理を待つだけになります。

シースリー解約時の注意点!

解約の条件はあるの?

特に条件はありません。ご自身が解約したいタイミングで問題ありません。

施術の途中でも、ご自身が解約したければ解約可能です。

回数無制限の月額制コースを選択した場合、自分で解約しないと自動で継続されるので、1ヵ月前までに解約の連絡をしましょう。

そうすれば翌月の月額が発生せずに済みます。

違約金は必要なの?

シースリーは解約による違約金はありませんが、解約手数料が掛かります。解約手数料は返金額の10%で、上限が20,000円です。

例えば返金額が10万円だったとすると、1万円が解約手数料となり、返金額は9万円となります。

【解約手数料の計算式】
精算金=支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)-解約手数料

※信販会社の清算は、その会社所定のルールによるものになります。

他サロンでは、違約金や手数料は掛かるの?

シースリーを他サロンと比較してみると、ほとんどのサロンと手数料が同じでした。

手数料が無料なのはミュゼだけですね。

  手数料 違約金
ミュゼプラチナム(musee platinum) なし
シースリー(C3) 返金額の10%(最大20,000円) なし
銀座カラー(Ginza-Calla)
キレイモ(KIREIMO)
ラヴォーグ(La-Vogue)
脱毛ラボ(Datsumo-Labo)
エピレ(epiler by エステティックTBC)
コロリー(coloree)
ジェイエステティック(Jesthetic)
エタラビ(Eternal labyrinth)
ラットタット(rattat)
レイビス(RAYVIS)

一定回数以上の施術を受けていると返金されない!

気を付けなければならないこととして、各プランによって、返金を受け付けてくれる回数があります。

6回パック 2回未満
回数無制限プラン 4回未満
10回パック
13回パック

上記の回数を超えていると、回数が残っていても返金はされません。

この状態で、解約したら、解約手数料だけ支払わなければならなくなるので、確実に損してしまいます。

明らかに、もったいないので、残りの回数分を完了するまで、施術を受けた方がマシですね。

他サロンと比べて、厳しい規定です。ちょっと納得できない部分もありますが、仕方ありません。

返金のタイミングは?

手続きが終わってから、指定の口座に振り込まれるまで、2~3週間ぐらいの時間は必要です。

2~3週間経っても振り込みされない時は、確認の連絡を入れてみましょう。

何らかの手違いが起こっている可能性があります。

シースリーはクーリングオフの対象です!

シースリーはクーリングオフの対象になります。

契約後に、妊娠の発覚や急な引っ越し、転勤などで、すぐに解約したい場合はクーリングオフの手続きを進めましょう。

契約から8日以内に手続きすれば、契約が解除され、返金してもらうことができます。

期限である8日を過ぎてしまうとクーリングオフではなく、中途解約になってしまいますので、ご注意ください。

クーリングオフの申請も通常の解約と同じで、電話か契約店舗の窓口で手続きを進める形になります。

↓クーリングオフについて個別に記事にしています。
>>シースリーはクーリングオフの対象になります!

シースリーに強引な引き止めはあるの?

解約の理由は聞かれますが、しつこい引き止めや、勧誘などはありません。

口コミでも、そういった不愉快な思いをしたという話は聞きません。基本は必要な手続きを行うだけです。

差し支えがなければ、解約理由は正直に答えるようにしましょう。今後の店舗の改善につながります。

「効果を感じなかった」や「予約を取れなかった」、「お店の雰囲気が悪かった」、「他サロンへの乗り換え」など、不満に感じることがあったなら、遠慮なく伝えてもらって問題はありません。

休止することもできる!

妊娠や長期出張、留学などでサロンに通えなくなった時に、退会ではなく、休止することも可能です。

休止期間中は、費用を支払う必要はありませんし、いつでも再開することができます。

休止する選択もあることは知っておいてください。

詳しく知りたい人は、シースリーの担当者に気軽に相談してみてください。

 

以上です。

シースリーの解約について、必要な手続きは分かってもらえたでしょうか?

特に難しい内容ではなかったはずです。

解約を希望する時は、まずは電話か契約店舗の窓口に連絡するようにしてください。

解約の1ヵ月前に連絡すると、翌月分が請求されずに、その後の対応もスムーズになります。

>>シースリーの公式サイトはこちら!

 - シースリーについて