シースリーはクーリングオフの対象になります!

      2017/01/20

クーリングオフとは一定の期間内であれば、理由を問わずに無条件で、契約を解除できる制度です。

口の上手い営業マンに乗せられて(訪問販売やキャッチセールスなど)、何らかの契約をしたり、物を買ったりした後に、冷静になって後悔してしまうケースがあるはずです。そういった時に、消費者が契約を解除する権利として、クーリングオフの制度があります。

シースリー(C3)の契約もクーリングオフの対象となりますので、契約をする前に、クーリングオフの手続きの流れについてチェックしておきましょう。

クーリングオフの条件とは?

クーリングオフには、制度を利用できる条件があります。

この条件を満たしていないと、クーリングオフを利用できませんので、ご注意ください。

その条件は、

  • 契約してから8日以内に手続きを行うこと
  • 契約期間が1ヵ月以上であること
  • 契約金額が5万円以上であること

上記の3点がクーリングオフを利用するための条件になります。

期間が8日以内でないケースもある?

クーリングオフの期間を8日以内と説明しましたが、10日以内など期間を長く設定しているサロンもあります。そういった時は10日が有効期間になります。

クーリングオフの期間内に通知をすれば対象になります!

クーリングオフというのは、通知した日が8日以内であれば、通知が相手に届いた日が8日を超えていても、クーリングオフの対象になります。誤解をしている人が多いので、ご注意ください。

契約金額が5万円未満でも対応してくれる?

契約金額が5万円以上とありますが、脱毛サロンでは、5万円未満の金額でもクーリングオフに応じてくれるケースもあります。最初の契約時に、しっかりと確認しておきましょう。

クーリングオフの手続きの方法!

クーリングオフの手続きの流れをチェックしてみましょう。

クーリングオフは、電話や実際に訪問して口頭で伝えるような形ではなく、はがきなどの書面で通知するようにしてください。

実際の流れですが、

  1. クーリングオフが適用される期間までに通知書を作成する。
  2. 作成した通知書を脱毛サロンとクレジットカード会社に郵送する(簡易書留)。

のみです。手続きは難しいものではありません。

簡易書留で送るのは、クーリングオフの通知を送った証明のためです。普通にはがきで送ると、届いていないと言われると、それまでになってしまいますので、必ず簡易書留で送るようにしましょう。

通知書のコピーなども取っておくことをおすすめします。

通知書に記載する情報とは?

通知書に以下の情報を記載してください。

  • タイトル:契約解除通知書
  • 契約年月日
  • 商品名(コース名)
  • 契約金額
  • 販売会社:シースリー ○○店 担当○○(クレジットカードを使用している場合はクレジット会社名)
  • 契約を解除したい旨
  • 発送年月日
  • 御自身の署名と住所

以下は、はがきで作成した通知書の例になります。

↓脱毛サロン宛の通知書

↓クレジットカード会社宛の通知書

医療機関での脱毛はクーリングオフの適用外です!

脱毛サロンと違い、レーザー脱毛などを受けれる医療機関での脱毛は、クーリングオフの適用外となります。医療機関での脱毛は、医療契約となるので、特定商取引法に規定されているクーリングオフは適用されません。

※独自にクーリングオフの制度を実施しているクリニックもあります。

クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合!

クーリングオフの期間が過ぎてしまったら、基本的にクーリングオフの対象にはなりません。ですが中途解約は可能です。ただ中途解約時に、解約手数料が掛かるサロンもありますので、早めに対応することをおすすめします。

↓シースリーの解約方法について個別に記事にしています。
>>シースリーの解約方法!

 

以上です。

シースリーのクーリングオフの対象は8日以内です。8日を過ぎてしまうと中途解約となり、解約手数料が発生しますので、ご注意ください。

基本的に、書類を脱毛サロンとクレジットカード会社に送るだけなので、手続きは難しくありません。わざわざ電話や直接訪問する必要もありません。

もし手続きを進めている内に、トラブルが起こった時は、最寄りの消費者センターに相談するようにしましょう。

↓消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。
>>国民生活センター

>>シースリーの公式サイトはこちら!

 - シースリーについて