光脱毛で痛みを感じやすい部位と痛みを和らげる対策法!

      2017/06/22

光脱毛の痛みを表現する時に「輪ゴムで弾く程度の痛み」と例えられますが、脱毛する部位によっては、さらに強い痛みを感じることもあります。

初めて脱毛を受ける人からすれば、身体のどの部位が強い痛みを感じるのか気になりますよね。なおかつ、その痛みを和らげる方法があれば知りたいですよね。

そこで今回は、光脱毛で痛みを感じやすい部位と、その痛みを和らげる対策法について、ご紹介します。

痛みを感じやすい部位とは?

痛みの感じ方には個人差がありますが「皮膚が薄くて柔らかい箇所」と「骨に近い箇所」、「毛が太い箇所」が痛みを強く感じやすい傾向にあります。

具体的な部位として、

  • ワキ
  • Vライン
  • Iライン
  • 足の甲と指

が特に痛みを感じやすい部位です。

ワキ

一番最初にムダ毛が気になるのがワキの下です。自己処理を含め、一番脱毛をする部位です。ワキの下は皮膚が薄くて柔らかい上に、毛も太く、脱毛範囲も広いので、痛みを感じやすいです。

Vライン

Vラインは、特に皮膚が薄く、日常で刺激を受けにくいデリケートな部位なので、痛みを感じやすいです。特にVラインの両サイドは痛みを感じる人が多いです。

Iライン

Vラインと同じく、皮膚が薄く、日常で刺激を受けにくいデリケートな部位なので、痛みを感じやすいです。中心部分に近づくほど、痛みを感じやすくなります。

膝は皮膚が薄い上に骨に近く、脂肪が少ないので、痛みがダイレクトに伝わります。特に、膝頭(ひざがしら)は痛みを感じやすいです。

足の甲と指

脱毛範囲は小さいですが、足の甲と指も皮膚が薄い上に、骨に近く、筋肉も脂肪もないので、痛みを感じやすい部位です。

痛みを和らげる対策法とは?

少しでも痛みを和らげる対策法をご紹介します。あくまで軽減であって、完全無痛ではありません。

生理前後や体調不良の時は避ける!

生理前後や体調不良の時に脱毛を受けると、通常よりも痛みを強く感じることがあります。必要以上に痛み思いをしないように、生理前後や体調不良の時は避けることをおすすめします。

しっかりと冷却する!

施術前後はしっかりと冷却するようにしてください。施術時の痛みや、施術後の炎症などを抑えることができます。

睡眠をしっかりと取る!

施術の前日はしっかりと睡眠を取り、出来るだけリラックスした状態で施術を受けられるようにしてください。リラックスするだけで痛みは和らぎます。

カフェインは飲まない!

当日はカフェインが含まれているコーヒーなどの飲料は飲まないようにしましょう。カフェインは神経を過敏にし、痛みを感じやすくなります。

十分に保湿する!

乾燥しているお肌で施術を受けると痛みを感じやすくなります。脱毛する部位の保湿は、事前にしっかりと行うようにしてください。

スタッフの指示に従う!

痛みに不安がある人は、施術前にサロンのスタッフさんに相談してみましょう。痛みを軽減するためのアドバイスをしてくれるので、その指示には従うようにしてください。

鎮静剤を飲む!

脱毛を受ける数時間前に鎮静剤を飲むことで、痛みが和らぐ人もいます。ただし、必ず脱毛サロンのスタッフに事前に相談するようにしてください。

 

以上です。

光脱毛の施術は残念ながら、完全無痛ではありません。レーザー脱毛より痛みは少ないですが、多少の痛みの我慢は必要です。ですが、上記の痛みを和らげる対策法を意識するだけでも、痛みの軽減につながります。

痛みに不安のある人は、ぜひ上記の対策法を試してみてください。

↓VIO脱毛について個別に記事にしています。
>>初めてのVIO脱毛(アンダーヘア)で不安に感じる3つのこと!

>>シースリーの公式サイトはこちら!

 - 脱毛について