シースリーの脱毛当日の流れと施術前の注意点まとめ!

      2018/11/05

シースリーで、初めて脱毛を受ける初心者の人からすれば、これから、どんな施術を受けるのか、とても気になり、不安に感じるものです。自分の身体に触れられる訳ですから、当然と言えば当然です。

そこで、少しでも、脱毛を受ける前に感じる不安が解消されるように、シースリーの脱毛当日の流れと、施術前の注意点について、まとめてみました。

>>公式サイトはコチラ!

シースリーの施術前の注意点!

シースリーの施術前の注意点!

【注意点.1】ムダ毛の自己処理が必要!毛抜きやカミソリでの自己処理はNG!

シースリーで脱毛施術をを受ける前に、事前にムダ毛の自己処理を行っておく必要があります。

自己処理の方法ですが、毛抜きやカミソリ、ワックスなどで処理するのではなく、電気シェーバーで自己処理を行うようにしてください。

毛抜きやカミソリで自己処理すると、脱毛効果が薄れるだけでなく、深刻な肌トラブル(赤みや腫れ、埋没毛など)を起こしてしまい、施術が受けれなくなる可能性もあります。

前日に剃ると肌にダメージが残ってしまうので、施術の2日前に自己処理をするのがベストです。

自分では自己処理が難しい箇所(背中やうなじなど)は、シースリーで無料で対応してくれます。

ただし自分で処理できるところは、きっちり自己処理しないと、施術を断れることもありますので、ご注意ください。

【注意点.2】日焼けに注意!紫外線対策を心掛ける!

シースリーの光脱毛は、光を照射し、メラニン色素(黒い点)に反応させて脱毛を行っています。

日焼けをした状態だと、痛みを感じやすく、肌トラブルを起こす危険性があるので、肌状態によっては、施術を受けれなくなります。

仮に施術を受けれたとしても、通常よりも、効果が薄れてしまうことも有り得ますので、日焼け止めを塗ったり、長袖を着るなどして、普段から日焼け対策を行ってください。

【注意点.3】当日のアルコール摂取にも注意!

施術当日のアルコールの摂取にも注意が必要です。

アルコールを摂取すると、体温が上昇し、脱毛施術に影響が出てきます。

身体が火照った状態になるので、いつもより、施術に熱がこもりやすくなり、強いカユミを感じたり、脱毛効果を低下させてしまう原因にもなります。

酔っ払った状態で、来店するのもマナー違反ですし、シースリーのスタッフさんにも失礼ですので、当日はアルコールを摂取しないようにしてください。

【注意点.4】顔脱毛は化粧を落とす!

顔脱毛を受ける時に、化粧をして行っても問題はありませんが、サロンに着いてから、備え付けのパウダールームで、化粧を落とす必要があります。

後で化粧を落とさなければならないので、薄めの化粧にしておくか、スッピンにしておいた方が無難です。恥ずかしければ、マスクを着用しておきましょう。

【シースリーのお店にあるもの】
綿棒、コットン、ドライヤー、ヘアアイロンのみです。
※化粧水なり、クレンジングシートはご自身で用意してください。

化粧を落とさなければならない理由として、施術の邪魔になることの他に、メイクの上から光を当てることで、どんな化学変化を起こすか分からないからです。施術の安全性も考えて、化粧を落とす必要があります。

施術終了後にメイクはOK?

脱毛施術終了後のメイクですが、施術直後は少なからず肌にダメージを受けているので、肌の負担を減らすことを考えると、メイクは最小限に抑えることをオススメします。

どうしてもメイクが必要な人は、しっかりと保湿ケアをした後で、軽めの化粧で済ますようにしてください。メイクをしても良いのか判断できない時は、サロンの担当者の方に相談してみるようにしましょう。

【注意点.5】施術前に薬の服用はNG!

施術前に薬を服用すると、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。もし、薬を飲んでしまった時は、施術前に確認があるので、正直に話すようにしてください。

↓以下は施術前に服用禁止です。

風邪薬、花粉症の薬、鼻炎薬、血流を良くする薬、うつ病の薬、痛み止め、低用量のピル剤

※サロンにより、服用可能な薬もあるので、事前に確認するようにしましょう。

【注意点.6】施術1週間前の予防接種はNG!

予防接種後の1週間は、身体の中で免疫を作り出している期間なので、体調を崩しやすくなります。

そんな状態で施術を受けるのは、リスクが高過ぎるため、予防接種を受けている場合は、施術を受けれません。

【注意点.7】施術前に制汗剤や保湿剤、日焼け止めは落とす!

クリーム系の制汗剤やオイル系の保湿剤、日焼け止めは、毛穴に入り込みます。落とさずに施術を受けると、脱毛効果は薄まってしまいます。

必ず、施術前にウェットティッシュなどで拭き取るようにしてください。

【注意点.8】脱毛当日に生理になった場合は施術は受けれない!

シースリーでは、生理中に施術は受けれません。生理中はホルモンバランスが乱れている上に、免疫力も低下しています。その状態で脱毛すると、肌に悪影響を与えてしまいます。

間違っても、黙って施術を受けたりはしないでください。シースリーのスタッフさんはプロなので、必ずバレてしまいます。その時点で施術は中止です。

シースリーの脱毛当日の施術の流れ!

シースリーの脱毛当日の施術の流れ!

予約日時に来店すると、個室に案内されます。最初に、剃り残しの処理と、脱毛機が黒い部分に反応しないように、ホクロやシミにシールを貼って保護できたら、いよいよ施術開始です。

【STEP.01】ジェルの塗布!

お肌を守るために、美容成分が含まれたヒアルロン酸配合ジェルをたっぷり塗ります。

【STEP.02】トリートメントがスタート!

脱毛する箇所に、まんべんなくジェルを伸ばしてトリートメントがスタートです。

【STEP.03】最新の脱毛機で光を照射します!

シースリーの最新脱毛機C3-GTRは、1秒間に10ショットが可能です。

施術のスピードも脱毛効果もアップし、痛みを感じにくい施術が可能です。

【STEP.04】清潔なタオルでジェルを拭き取ります!

清潔なタオルでジェルを拭き取り、お肌を冷却し、熱を冷まします。

施術後のケアはとても大事です。怠ると、肌トラブルを起こす危険性があります。

【STEP.05】仕上がりのチェックです!

仕上がりをチェックします。基本的に自宅でのケアは不要です。

【STEP.06】最後に次の予約!

これで施術完了です。時間にすると、約60分ほどです。次の予約を忘れないようにしてください。

時間が経てば、希望の予約枠が埋まっていくので、事前にスケジュールを決めておき、この時点で予約を取ることをオススメします。

シースリーの脱毛当日に関するQ&A!

シースリーの脱毛当日に関するQ&A!

脱毛当日の服装は?

サロンに着くと、専用のガウンと衣類に着替えますので、服装に指定はありません。自由な服装で大丈夫です。もちろん、制服や仕事着などでも問題ありません。

スムーズに施術が進められるように、シンプルで着脱しやすい服装(ワンピースなど)の方が良いかもしれません。ただし、施術直後は肌が敏感になっているので、肌の露出が多い服装は避けた方が無難です。

また、季節によって薄着になってしまう可能性もあるので、日差しが強いことも考え、日傘や日焼け止めクリームを用意しておくと良いのではないでしょうか。

YouTubeでシースリーの脱毛体験をチェックできる?

YouTubeで、シースリーの体験レポートの動画を視聴できます。

サロンの雰囲気や、無料カウンセリングでのスタッフさんの対応、光脱毛の施術風景が確認できますので、施術前にチェックしておくようにしてください。

脱毛後は自宅でもアフターケアが必要?

施術後に、サロンでクールダウンを行いますが、クールダウンが足りないと感じたら、自宅でもアイスパックなどで脱毛した箇所を冷やすようにしてください。

自宅に戻ってからのアフターケアは、とても大事です。しっかりとケアを行うことで、肌の黒ずみなどを防ぐことができます。

施術直後は、制汗剤などの使用は一時的に控えることをオススメします。

シースリーでの施術後に肌トラブルを起こしたら?

シースリーでは、万が一の肌トラブルに対して全国提携の医療サポートを実施していて、提携しているドクターを紹介してくれます。アフターフォローは万全です。

>>お肌にトラブルを感じた人はコチラ(24時間オンライン受付中)

 

以上です。

いかがでしょうか。少しでも自分が脱毛をしているイメージが付き、不安が解消されたでしょうか?

基本は、どの部位の脱毛でも、シースリーの脱毛の流れと注意点は同じです。

上記で説明している流れ以上のことはありませんので、施術を受ける事前準備と注意点に気を付けて、リラックスして脱毛を受けるようにしてください。

対応は丁寧なので、心配はいりません。

>>公式サイトはコチラ!

シースリーの最新キャンペーン情報!

現在、シースリーは、2ヶ月間0円のキャンペーン中です!脱毛が完了するまで期間や回数は無制限で、満足するまで何度でも脱毛を受けることができます!

このお得な機会をお見逃しないようにしてください!

>>シースリーの公式サイトはコチラ!

 - シースリーについて